気血水の状態を整える五苓散を使う漢方

気血水のバランスを調整させる五苓散

漢方の理論では、人間は気血水の3つのバランスが整うことで、健康を維持できるとされています。不規則な食生活や運動不足の影響などで、このバランスが崩れてしまえば、体には水分が滞るようになります。この問題に対して、五苓散に含まれる5種類の生薬が相乗的に作用して、自然治癒力を高めて解決へ導きます。津液とは体の水分のことですが、健康な人は尿を出すことで減らし、水分バランスを整えています。

気軽に始める下半身ダイエットの定番ウォーキング

むくみがひどい場合には、発汗や利尿の作用を促進させて、意識的に排出させることが欠かせません。五苓散には、利水を促進させる生薬として、茯苓や猪苓が配合されています。さらに、沢瀉という生薬も加わることで、利尿作用が複合的になり、余計な水分を除去できる仕組みです。沢瀉の五性は寒性となっているため、熱っぽい体質のむくみを改善して、体をすっきりとさせることもできます。

下半身ダイエットに有効な有酸素運動

しかしながら、寒性の生薬で体を冷やし過ぎることは良くないため、熱性が強い桂皮が同時に配合されています。桂皮は発汗を促すだけでなく、経絡の中で停滞している気の流れを促進して、自然治癒力を高める働きもあります。

産後の下半身ダイエットの効果的な運動について

下半身ダイエットの効果的な方法

五苓散には、脾胃の働きを助ける白朮も配合されることで、消化器系の健康も同時に整えられるメリットがあります。

むくみを解消させる経験も豊富な漢方

漢方や薬膳の考えでは、陰陽五行説の伝統に基づく形で、1年を5つの区分けで分類します。これらの季節の中でも、6月から8月の時期にかけては、むくみの原因となる湿邪に悩まされることが多くなります。そのため、五苓散などの漢方薬が作られ、古代から現代まで使われてきました。さらに、薬膳の食養生も通じて、総合的にむくみを解消する知恵も生まれました。夏に作る薬膳料理では、茄子や冬瓜などの寒涼性の食材を用いて、利尿を促進させます。煎じ薬を飲むだけでなく、食養生やツボ押しなども同時に行うことで、自然治癒力を高められるのも漢方治療の利点です。実際に五苓散を使う場合には、最初の段階では四診を行って、舌の状態などを調べる方法があります。舌診をして水分の停滞を示すものが発見されたときには、正確な形で対処できます。さらに、虚実や陰陽などの根本的な部分も分析することで、最も適切な証を決定することになります。むくみには様々なタイプがあるため、選ぶべき漢方薬の種類も豊富です。熱感をともなう場合や、口や喉の渇きが特徴的なこともあります。

男の下半身ダイエットにおすすめのサプリ

これらの症状や体質を分析して、五苓散を使う場合があれば、猪苓湯に切り替えることもあります。実際に選ぶ場合には自己診断をせずに、漢方の専門家からの指導に従うことが大切です。