産後の下半身ダイエットの効果的な運動について

産後の下半身ダイエットを開始はいつから良いのか

産後の母体の状態とは、骨盤周りの筋肉や靭帯が強い負担によって疲労している状態になっています。基本的には医師の判断によってダイエット運動を開始します。身体がある程度の運動に耐えられる程の状態へ戻るには、約6週間から10週間はかかります。人によってはもう少し時間がかかる方もいますが、この運動禁止期間でも行える簡単な下半身ダイエットエクササイズはあります。

舌のむくみ解消法について

ながら運動やながらエクササイズは、身体の負担を調節して行う事が出来るお手軽なダイエット法です。

男の下半身ダイエットにおすすめのサプリ

長時間の運動や体に大きな負荷がかかる筋トレよりも負荷が少なく、短い時間でも長い期間をかけて効果を実感する事が出来ます。また、産後の下半身への効果を実感しながら家事や育児を行いつつ、時間のロスがなくダイエットが可能となります。

下半身ダイエットに有効な有酸素運動

ただし、出血が起こっている場合や身体の不調がある場合や産後4週間程度までは、ながらエクササイズなど必要以上の負担はかけずに出来るだけ身体を休める必要があります。全ての運動を負荷量にかかわらずに開始できる時期は、早くても産後約3週間から4週間程度と認識しておき、体調を管理する事が大切です。病院へ定期健診へ行く場合には、医師にどの様な運動をしたいという旨を伝える事も必要です。医師によっては、簡単で身体に対する負荷量が少ないアクササイズ法を教えてくれる場合もあります。

下半身ダイエットのながらエクササイズ法とは

ながらエクササイズでの注意点ですが、産後4週間程度までは行わないようにします。ながらエクササイズを始める時期には、医師にその旨を伝えてから始める事が大切です。下半身ダイエットのながらエクササイズ法の家事編として、数十分立って作業をする時には足クロス法を行います。足クロス法とは、エクササイズを行いたい方の足を反対の足の後ろ方向へクロスしお尻から大腿部にかけて力を入れる状態を5分キープする方法です。5分キープが難しい場合には、時間を短くして行います。立っている時は、この足クロスを行いお尻から大腿部のトレーニングを行います。また、階段がある場合には踵を地面に接地せずに歩く方法があり、ふくらはぎのサイズダウンに効果的です。旅館で働く方の多くは着物を着て作業を行いますが、階段を上る際に踵を接地せずに上がる事が多く、そのような方のふくらはぎを見ると綺麗なラインを維持しています。少しの負荷を長期間かけて続ける事で、通常の運動が出来ない期間を筋力低下を防ぎながら過ごす事が出来ます。

気血水の状態を整える五苓散を使う漢方